シワやたるみには、表皮の薄さが関係しています。シワ

ホームボタン
シワやたるみには、表皮の薄さが関係しています。シワ

シワやたるみには、表皮の薄さが関係しています。シワ

シワやたるみには、表皮の薄さが関係しています。シワが急に増えてきたり、できやすいように思ったら、これまでのスキンケアが今後も合っているのか、考えなおしてみて下さい。



手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は日頃から注意しておくべきでしょう。

普通に保湿していても水分を保持する層(表皮)が薄いので、乾燥しているところからどんどんハリが失われ、シワになっていきます。


以前は大丈夫だったとしても、肌の厚みは年々薄くなっていくので、自分の現在の肌質と年齢に合ったケアというのを、考えなおしてみると良いでしょう。


お肌を美しくすることと、歩くことは全く関わりないことのように思われがちですが、実際は密接に関係しています。


歩くときに姿勢を正しくすると、お肌へ流れる血流がスムーズになるので、代謝が盛んになり肌を美しくできますし、高血圧や動脈硬化(動脈が肥大して硬化してしまうことをいいます)等の成人病にならないためにも良い結果がでています。
ここ数年前から私の母は顔のしみにじっと考え込んでいました。
そのシミがどのくらいかというのはだいたい十円玉の大きさが一つ、もう少し小さいものが何個か両方の頬に散らばっていました。1年ほど前、お母さんの美肌友達より「シミには発芽玄米が効果的」と聴き、さっそく毎日の食事の時に可能な限り取りこんできました。


だから、シミは薄くなっています。お肌のシミ防止には体の内部からの手入れも鍵になります。
たとえば、ビタミンCには美白効果があるといいますが、イチゴ、レモン、パセリ、ブロッコリーなどが多く保有しています。
それと、肌が乾いてしまうとシミになる可能性が高くなるので、コラーゲンをたくさん含む、鶏皮、牛スジ、豚骨、うなぎといった食材を食べるのがお奨めです。

ただ、シミ対策に焦点をあてすぎた食生活をするのではなく、バラエティに富み、多種色々な栄養の摂りかたも心がけましょう。

肌のお手入れを通じて気づいたことがあります。具体的に言うと、表皮が薄かったり、シワがなくても肌が硬いと、早くシワを招くということです。逆に柔らかいほど後々シワができにくいのです。
ただ、恵まれた肌質だと思って放置していると、柔肌も硬く変わってしまうので、きちんとケアしていくことが大切です。私は放置していたのですが、しばらく前から肌質を選ばないというので炭酸パックを初めました。

やわらかさを実感したのと同時期に目周りのメイク崩れがなくなり、シワも気にならないようになってきました。


パックと肌質が合っていたのかも知れませんが、肌の復元力が増すのとアンチエイジングは関連性が高いと思います。お肌の手入れには保湿が一番大切です。


入浴中には肌から水分がどんどん外へ抜け出ていきます。
そんな乾燥を防ぐために、化粧水、乳液を使った後に保湿クリームの使用を推奨します。夜の間に保湿クリームを肌に塗ると朝まで潤った肌がつづき、メイクが肌になじみます。

洗顔回数は1日に何回が最もよいのかお知りでしょうか。答えは1つ、朝と夜の2回です。これより多くの回数の洗顔をすることは肌にダメージを与えてしまう要因となります。
すればするほどその分丈夫になる訳ではなく、1日2回までとするのがきれいな肌への道に繋がっていくのです。アトピーにかかっている場合は湿度が低いことによるかゆみも起こることが少なくありませんから、敏感肌、乾燥肌の人用の入浴剤を使用したり、保水成分が十分に配合されているスキンケア用品を利用すると良いですね。その他にも、軟水を使って顔を洗ったり、体のケアを行なうのもお奨めです。


軟水はお肌に優しいので、アトピーの方には適しているのです。

肌トラブルと言えば、女性のよくある悩みでしょう。加齢と供に特にシミに関して悩みがちです。
ビタミンを摂取する事が、シミの対処法として非常に重要です。

ビタミンCは、シミに対して効果がありますが、これだけでなくできてしまったシミを薄くする効果もあり、消す事も出来るのです。ビタミンの積極的な摂取を心がけたなら、健やかな肌を維持する事が出来るでしょう。
以前は気にならなくても、加齢と一緒に、肌のシミが気になり初めるものです。

気になって仕方がないシミには、ぜひお勧めしたいのが漢方です。

漢方はシミ対策というよりは、落ちていた体の代謝を改善することで、シミとなる成分が残らなくなったり、できてしまったシミがちょっとずつに改善する手助けとなります。


体調が整いますから、シミ対策として漢方を選ぶことで、健康的な体にもなれるでしょう。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 肌トラブルにまつわるひとりごと All Rights Reserved.